女性

頑張り屋さんがなりやすい病気|自律神経失調と闘おう

早期発見が大切

女性

大腸がんの主な症状は血便ですが、便秘と下痢を繰り返したり腹痛が起こることもあります。がんの進行を表す「ステージ」分類により治療法は異なります。自分のステージと選択できる治療法をきちんと理解しましょう。早期発見できれば完治も望めます。年1回は検診を受けるようにしましょう。

もっと読む

女性が一番なりやすいがん

看護師

女性における罹患率の第1位は乳がんで、4、50代は特に発症率が高いと言われています。しかし近年では20代や30代の方にも発生しており、さらには男性にも発生することがあります。乳がんは早期発見、早期治療により治癒率の高いがんです。早期発見と早期治療のためにセルフチェックと定期的な検診を受け、しこりなどの症状があれば病院を受診しましょう。

もっと読む

だるさの意外な原因とは

カウンセリング

無気力でだるい原因

自律神経失調という言葉を聞いたことありますか。自律神経は学校でも習うだろうと思います。自律神経には交感神経と副交感神経があり、それらがバランスをとっています。自律神経失調に陥ると、そのバランスが崩れ、体に異変が現れるのです。だるい、無気力などの原因がわからない症状がありませんか。それはもしかしたら自律神経失調なのかもしれません。この病気になると、原因が思い当たらないのに慢性的な疲労感、めまい、頭痛、下痢や便秘などさまざまな症状が現れます。さらに精神的にもマイナス思考になり、つねにイライラしたりやる気が出なくなったりします。このような症状があるのに病院に行ってもあまりよくならないときは、この病気を疑ってみてもいいでしょう。

自律神経をもとにもどす

では、なぜこの自律神経失調は起きてしまうのでしょうか。まず、生活リズムの乱れです。交感神経は主に活動時に、副交感神経は主に休息の時に働いています。それが生活リズムの崩れ、例えば睡眠不足でこのリズムが崩れ、体が活動と休息のタイミングがわからなくなってしまうのです。さらに、ストレスも大きな原因です。ストレスがかかる状態では交感神経が活発に活動するので、バランスが崩れてしまいます。病院に行って医師と相談するのが一番の対処法です。しかし、好みのリラックスできる音楽を聴いて十分な睡眠をとるといった、心を浄化させることをすると自分でも症状を和らげることができます。ストレスは体質、性格などもあり完全になくすのは難しいですが、まずは生活リズムの改善からはじめて、やる気のある毎日を目指しましょう。

取り入れたい治療法

病院

NK療法とは、がん細胞を除去する能力のある免疫細胞、NK細胞を用いた、がんの治療法です。免疫力を再生させる治療法ですので、体への負担はなく、他の治療法との相性も良く、転移がんや再発防止にも有効な治療法です。従って、がんの闘病には是非とも取り入れたい治療法です。

もっと読む