相談

数々の辛い症状に負けない為に|自律神経失調と闘おう

女性が一番なりやすいがん

看護師

若い人も要注意

乳がんは女性のがん罹患率の中で第1位となっていて、頻度の高いがんです。12人に1人は生涯のうちに乳がんに罹ると言われています。乳房は乳腺と脂肪から成りますが、乳がんは乳腺に発生します。好発年齢は40歳代から50歳代がピークで、閉経以降は罹患率が下がりますが高齢者でも発症することがあります。また近年では20歳代や30歳代の若年層にも増えてきています。現代ではどの年齢層にも発生する可能性のあるがんであると言えます。また、まれに男性にも乳がんができることがあります。乳がんは罹患率の高いがんですが、早期発見と早期治療により治癒しやすいがんであるとも言えます。腫瘍が小さいうちからリンパや血液の流れによって他の臓器に遠隔転移しやすいので、早期がんのうちに治療を行うことが重要になります。

早期発見、治療のために

乳がんを早期発見するために大切なことは、毎日のセルフチェックと定期的に乳がん検診を受けることです。セルフチェックは毎日入浴時に腕を上にあげて胸を円を描くように触り、乳がんの症状であるしこりや皮膚の引きつれ、乳頭からの分泌物の有無を確認します。乳がん検診は40歳以上の女性に対して、自治体が2年に1回実施しています。医師による胸の触診とマンモグラフィー撮影を行います。乳がんの症状には、胸のしこりや痛み、脇の下のしこりや腫れ、乳頭からの分泌物、胸の皮膚が引きつる、えくぼのように凹むなどがあります。これらの症状がある場合は、検診ではなく病院を受診し検査を受けましょう。病院では触診やマンモグラフィーだけでなく、超音波検査や病変部位に針をさして組織を採取して調べる生検などの検査があります。早期発見、早期治療のために、定期的な検診や異常時の素早い病院受診を心がけるようにしましょう。